方法

葬儀には様々な方法があります、日本の中だけに限定した場合でも、一般的な葬儀から企業が行う葬儀まで様々な形があります。
まず、近年需要が増えている葬儀の方法としては家族葬や密葬が代表として挙げられます。
家族葬や密葬と言うのは一般的な葬儀に比べて非常に簡略化されている葬儀方法であり、費用面も抑えられています。
これは東京や大阪等の人の多い地域で利用される機会が多い物であり、現在の需要が伸び続けています。

この家族葬や密葬は全て家族や親しい人のみで行う葬儀となっており、密葬は本葬と言う物とセットで行われます。
家族葬とは、単独で行う葬儀であり、その名前の通り家族だけで行う物です。
本当に親しい人のみ招く事もありますが、親戚や会社の関係、クラスメイト等は呼ばずに内々だけで終わらせる葬儀となっています。
家族葬は会葬者数を抑える事が出来、生前の本人をよく知る人だけでゆっくりとお別れが出来る事がメリットです。
通夜だけで済ませると言う物では無く、一応の式は上げたいけれど大規模な形ではしたくないと言う場合に需要が高くなっています。
東京等は斎場を借りる場合の値段もかなり高額となる上に、葬儀自体の費用も高く設定されています。
その為に、東京で葬儀をする人は家族葬で対処する場合が増えています。

東京で葬儀を行った場合の平均的な費用は300万円と言われており、地方では250万円程度となっている事から、50万円も金額に差がある事が伺えます。
昔は葬儀費用を兄弟や親戚で分担、親の遺産で支払いをしたりと言うような形で対処できましたが、現在では少子化や親戚づきあいも無いと言う問題もあり、普通の葬儀をする事が大きな負担となっています。これも家族葬の需要が増加している理由として挙げられます。

OTHER SITE LINK

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ